かかる費用と修理内容

水漏れの原因や症状

蛇口や水栓の水が止まらない水漏れになってしまった時の原因や症状について紹介したいと思います。ハンドルやレバーなどの接合部分からポツポツと水漏れがしている場合の原因として考えられるのは、ナットやボルトが緩んでいるか、パッキンやバルブ等の内部パーツの劣化や摩耗です。よく見かける星形のハンドルの蛇口やシングルレバーの混合水栓も、大抵はパーツが緩むか劣化して水漏れを引き起こします。
ポツポツと水が垂れてくる程度は軽症なのですぐに修理で直る場合が多いです。次に吐水口からポツポツと水漏れしている場合の原因として考えられるのは、吐水口のフィルターやカートリッジの汚れです。レバーやハンドルを直しても吐水口から変わらずにポツポツと水漏れが起きている場合は、吐水口に付いているフィルターなどが汚れているのかもしれません。
吐水口の水漏れが直らない時は、フィルター部分を確認してみましょう。次に、配管やパイプの付け根から水漏れしている場合の原因として考えられるのは、ナット等の緩みやパッキン等の内部パーツの劣化、フィルター等の汚れです。種類によって差はありますが、吐水口ではなくて配管の付け根辺りにフィルター等が付いているタイプもあります。

修理代金の相場

水を出したり止めたりする蛇口が水漏れするといったトラブルは多いものです。症状として多いのが「蛇口をしっかりと閉めても水漏れする」と「蛇口の土台の根元から水漏れする」の2つです。蛇口をしっかり閉めても水漏れする場合は、水を止めているハンドルが緩くなってきているか、内部パーツのパッキンが古くなっている可能性があります。蛇口の土台から水漏れする場合は、接合面が古くなっているか、緩んでいる可能性があります。
大抵の水漏れはパーツの接合部分から起きているので、確認してみましょう。もし、接合部分から水漏れしている場合はナットの緩みやパッキンが古くなっているのが原因の可能性が高いので、このような場合はナットを締め直したり、パッキンを交換したりするくらいなので、自分で修理することもできます。修理をする時は止水栓を閉めて水を止めてから行うようにしましょう。
ですが、蛇口本体が壊れていたり、故障していたりする場合はプロの業者にお願いした方が良いと思います。故障の状況にもよりますが、プロの業者に修理を頼んだ場合の平均額は4,420円位になるようです。パッキン交換程度の軽症ならばこの位の金額からそれほど差は無いようですが、蛇口本体を交換するような場合は高額になることもあるようです。

ニュース

2017/08/23
優良業者の対応力を更新しました。
2017/08/23
水で老朽化していく設備を更新しました。
2017/08/23
かかる費用と修理内容を更新しました。
2017/08/23
迅速対応が頼りになる専門家を更新しました。